ページトップ
?>

ブログ

2020.1.07 面談指導の現場から

高校1年の生徒がセンター英語を受けてみた

センター試験まで、あと10日ですね。

難関国公立を狙っている生徒には「絶対に9割突破!」とプレッシャーをかけ、

中堅国公立を狙う生徒には「8割突破!」と言っています。

こうやって「〇〇突破!」と声をかけ続けるだけでも、生徒がその目標を意識する機会が増え、より目標が実現されやすくなると考えています。

なので、しつこく言っています。

そんな中、今日は高校1年生の生徒と面談をしていると、なんと彼女が、学校でセンター試験の英語過去問を解いてみたら、7割以上を取って、周りの生徒の中で一番成績が良かったと報告してくれました。

「なぜそんなに成績が良いのか?」と周囲の友達に聞かれ、「英単語を頑張って覚えたから」と答えたそうです。彼女は、毎週のように出されるシステム英単語(水色)200語の宿題をちゃんとクリアして、センター試験レベルまでの単語はきっちり覚えてくれていたんです。

今では、熟語も覚え、パラグラフリーディングも身につけ、基礎英文解釈の技術100も半分くらい終わっています。高校1年生でこれだけやったら、無敵だわな・・・とつくづく思います。課題を出したのは私ですが・・・。英語は一旦ペースダウンして、次は古文漢文や数学を強化したいなと思っているところです。

なぜ授業をしないのに、志望校に合格できるの?それは、あなたにピッタリな参考書を専属プランナーが提案してくれるから。最適な参考書×反復学習の追求で志望校への最短ルートを作ります。

入塾をご希望の方へ

以下に2つ以上当てはまる方は
今すぐお問合せください!
  • 阪急「茨木市」駅近くへ通塾可能
  • 集団指導塾は自分に合わないと思う
  • 個別指導では成績が上がらないと思う
  • 自宅では勉強しないので自習室が必要
  • 大手予備校の受講料が高いと思う
  • 国公立・難関私立大を志望している
  • 学校の定期テスト対策には慣れている
  • 授業しない塾がどんな塾か興味がある