ページトップ
?>

ブログ

2020.1.10 面談指導の現場から

センター試験まで、あと8日

センター試験が近づいてきています。

当塾にも国公立志望の受験生、センター利用予定の受験生がいるので、センター試験直前のオリエンテーションをしました。私自身の受験体験を交えながら、「蛍雪時代」の情報をプレゼンテーション。

生徒一人一人の性格や状況に合わせてカスタマイズした個別フィードバックをしました。私の想いが生徒に伝わると良いのですが。

例えば、こんなことを伝えました。

・不安になるのは、当然のこと。不安に打ち勝った人が合格するのだ。

・受験の1週間前は、過度に難しい問題で心を痛めるのは避けよう。今までやってきた勉強の復習の割合を増やしていく

・受験当日のイメージトレーニングを(受験会場までのアクセス、休憩時間の過ごし方、持ち物)

・マークミスに注意

・英語は、学校の教科書の音読復習をするのがコスパが良い(人もいる・・・)

・出題傾向が変わっても慌てないこと。驚いているのは他の受験生も同じ。

結果にこだわりたいのは当然のことですが、まずは生徒が自分の力を発揮でき、トラブルなく受験を終えて欲しいです。

なぜ授業をしないのに、志望校に合格できるの?それは、あなたにピッタリな参考書を専属プランナーが提案してくれるから。最適な参考書×反復学習の追求で志望校への最短ルートを作ります。

入塾をご希望の方へ

以下に2つ以上当てはまる方は
今すぐお問合せください!
  • 阪急「茨木市」駅近くへ通塾可能
  • 集団指導塾は自分に合わないと思う
  • 個別指導では成績が上がらないと思う
  • 自宅では勉強しないので自習室が必要
  • 大手予備校の受講料が高いと思う
  • 国公立・難関私立大を志望している
  • 学校の定期テスト対策には慣れている
  • 授業しない塾がどんな塾か興味がある