ページトップ
?>

ブログ

2020.4.04 学習方法について

受験生が実践するべき、定着率の高い英単語の勉強法【Part③】

【英単語マスターへの道③】単語カードがなぜ効率が良いのか?記憶編

みなさんこんにちは。今回は、これまでに紹介してきた単語カードを利用した英単語学習法について、効率的な暗記をするためには何を手掛かりに覚えたらいいのかということについて、説明していきたいと思います。具体的には、似た単語から覚える、英英辞典を活用する、イメージ図を描くということについて、それぞれ紹介していきます。

似た単語から覚える

まずは一つ目、似た単語から覚えていく、ということについて説明していきたいと思います。似た単語と一言に言っても、様々なものがありますが、ここでは主に形が似ている、意味が似ているという二つについて扱ってみます。

まず、形が似ている単語について。形が似ている単語とは、単語の「部分」が同じということです。具体的には、「接頭語」や「接尾辞」と呼ばれるもののことです。

例えば、”cooperation”という単語について、接頭語は”com”で「共に」という意味を表し、接尾辞は”ion”で、それはその単語が名詞であることを意味しています。真ん中の部分は”operate”という単語を含んでいるので、全体で「“一緒に動かす”くらいの意味かな~?」と推測をすることが出来るのです。実際、この単語の意味は「協力」でありおおむね当たっていることが分かります。

このように接頭語や接尾辞など、単語の部分が似ているものをまとめて覚えることは、効率的に単語を暗記する上で効果的です。

続いて二つ目、意味が似ている単語についてです。意味が似ている単語、すなわち類義語についても、一緒に覚えると効果的です。単語カードの裏側に、意味と一緒に数個の類義語を書いておくだけで、単語同士のつながりが無意識のうちに作られ、英語を読むときに限らず、英作文を書くときなどに有効かもしれません。

英英辞典の利用

次に紹介するのは、英英辞典です。皆さんは英英辞典を使ったことがありますか?多くの人は、聞いたことはあるけれど普段は全然使わないな…という印象かもしれません。英英辞典には、大きく分けて二つのメリットがあります:

  • メリット1:日本語を介さずに単語を覚えるので、慣れればスムーズに頭から意味を引き出せるようになる
  • メリット2:日本語訳では伝わりにくい、正確な単語のイメージをつかむことが出来る
  • 例えば、wriggleという動詞について。単語帳や英和辞典で調べてみると、「体をよじる」などの意味が出てきますが、英英辞典では、

    To twist your body from side to side with small quick movements

    と出てきます。このほうが、よりイメージがしやすくなるうえ、日本語を介さずに覚えることで、次”wriggle”と出てきたときも、このイメージを想起すればよいだけなので瞬間的に意味を思い出すことが出来るのです。

    この「英英辞典を活用する」という方法は少しハードルが高いかもしれませんが、少しずつ試してみると、その効果の高さを実感できると思うので、ぜひ試してみてください。

    まとめ

    いかがだったでしょうか。今回は、単語を覚えるにあたりより効率的に覚える具体的な方法について紹介しました。今回紹介した方法―似た単語と英英辞典の活用―というのは、両方とも、前々回から紹介している単語カードを利用した英単語の学習法にも組み込むことが出来ます。今回紹介したもので、やってみようと思えるものがあったら、単語カードの裏側の日本語訳の下の部分に、同じ接頭辞を持つ単語だったり、類義語だったり、英語での意味だったりを、少し書き込んでおくと良いかもしれません。これらの方法を組み合わせて、より効率的で、楽しい英単語学習をしていきましょう!

    なぜ授業をしないのに、志望校に合格できるの?それは、あなたにピッタリな参考書を専属プランナーが提案してくれるから。最適な参考書×反復学習の追求で志望校への最短ルートを作ります。

    入塾をご希望の方へ

    以下に2つ以上当てはまる方は
    今すぐお問合せください!
    • 阪急「茨木市」駅近くへ通塾可能
    • 集団指導塾は自分に合わないと思う
    • 個別指導では成績が上がらないと思う
    • 自宅では勉強しないので自習室が必要
    • 大手予備校の受講料が高いと思う
    • 国公立・難関私立大を志望している
    • 学校の定期テスト対策には慣れている
    • 授業しない塾がどんな塾か興味がある