ページトップ
?>

ブログ

2020.4.04 面談指導の現場から

卒塾生へ本をプレゼント~その①

昨年度は新規開校ということもあり、卒業した塾生には特別な想いがあり、一緒に頑張って受験を乗り越えてくれた感謝の気持ちを示そうと、
それぞれの生徒に合った本をプレゼントすることにしました。

今日は、その中の1冊を紹介します。

銃・病原菌・鉄 (ジャレド・ダイヤモンド)

 

卒塾生へのメッセージ

昨年度は、Seras学院を選び、一緒に受験を走り抜いてくれ、ありがとうございました。

実は、〇〇さんが塾生の第1号でした。

〇〇さんの素直なところ、コツコツ課題をやってきてくれるところに助けられました。

コロナ問題の影響で大学生活のスタートが中途半端になりますが、

これを機に、読書や勉学に励んでいただければと思います。

贈呈する本は、「銃・病原菌・鉄」という本の原著(洋書)です。

国際文化や世界史・人類史を語るうえで、とても著名な本です。

大学生活の中で、「この本を読んだ」と言えば食いついてくる教官や友人が必ず見つかります。

この本のテーマは「なぜ西欧人が世界を征服し、アジア・アフリカ・アメリカ大陸は戦いに負けたのか」という疑問に答えることです。

それに対して、地理・農業・文化などの色んな切り口で分析し、最終的に「銃・病原菌・鉄」というキーワードに向かって議論が展開されます。

英語表現としては易しめで、大学受験を乗り越えた〇〇さんなら読めるはず。
辞書を使いながら、サーっと読んでみましょう。

なぜ授業をしないのに、志望校に合格できるの?それは、あなたにピッタリな参考書を専属プランナーが提案してくれるから。最適な参考書×反復学習の追求で志望校への最短ルートを作ります。

入塾をご希望の方へ

以下に2つ以上当てはまる方は
今すぐお問合せください!
  • 阪急「茨木市」駅近くへ通塾可能
  • 集団指導塾は自分に合わないと思う
  • 個別指導では成績が上がらないと思う
  • 自宅では勉強しないので自習室が必要
  • 大手予備校の受講料が高いと思う
  • 国公立・難関私立大を志望している
  • 学校の定期テスト対策には慣れている
  • 授業しない塾がどんな塾か興味がある