ページトップ
?>

ブログ

2020.8.27 学院からのお知らせ

生徒数増加に伴い自習席を増設しました

今年の7月時点では生徒数9名だったのですが、来月(9月)には在籍生と無料体験生を合わせて12名になります。自習室が少し手狭になってきたので、今週から自習スペースを拡大しました。

 

 

【従来からの自習スペースは以下の写真の通り】

当ブログの「【コロナ対策】座席を固定することに」記事にもある通り、コロナ感染予防(ソーシャルディスタンス)のため、「座席は1席ずつ間隔をあけて、生徒一人一人に専用の固定席を設ける」方針にしています。そうすると、自習スペースの座席数は12席です。ただ、そのうち2席は隣の席に荷物を置いて広々と使うといった使い方ができず不便でした。そのため、自習スペースの手前にある大きなテーブルを自習スペースにしました。これで4席ほど増設になります。

 

 

元々は、この大きなテーブルでは、私(綿引)や非常勤講師が仕事をする作業スペースとなっていました。では、塾スタッフ達はどこへ???となりますが、玄関・面談室の近くに引っ越しました。引越し後に初めて塾に来校する生徒は、驚いて、何事や・・・となりますが、こういう事情です。

 

12席+4席となり、しばらくの間は定員16席としています。では、生徒数が16名を超えたらどうするか?

まだ席はあります。下の写真の通り、窓際にカウンターが4席あります。最大で20席は自習スペースを確保できます。

 

生徒数が増加するにつれ、私も業務フローの改善・効率化をより一層見直す必要がでてきました。今までは週間面談ものんびり1時間くらい生徒と話し込んでいましたが、長話をすると生徒の勉強時間も私の業務時間も削ることになるので、面談の前に必要最低限の情報整理を済ませる(ヒアリングフォームへの記入をお願いする)手順に変えました。

 

塾の経営状況を心配される保護者の方もいて、有難いことだと思っています。経営状況の健全化のためにも、業務の効率化・仕事の分担を図り、指導の質を高めていきながら生徒数の増加を狙っていきたいと思います。是非とも、Seras学院を気に入っている読者の方々は、友人・知人に阪急茨木に良い塾があるよとクチコミを広めてください。生徒が増えれば増えるほど、非常勤講師の増員もしやすくなります。現在、理系講師の募集を始めているところです。非常勤講師を雇えるようになれば、分からない所への質問対応、確認テストの充実化、週間面談で色んな人に相談できるようになる等、生徒の皆さまにも魅力的なことが多いです。コロナ禍で厳しい教育業界ですが、一緒にSeras学院を盛り上げていきましょう!!

なぜ授業をしないのに、志望校に合格できるの?それは、あなたにピッタリな参考書を専属プランナーが提案してくれるから。最適な参考書×反復学習の追求で志望校への最短ルートを作ります。

入塾をご希望の方へ

以下に2つ以上当てはまる方は
今すぐお問合せください!
  • 阪急「茨木市」駅近くへ通塾可能
  • 集団指導塾は自分に合わないと思う
  • 個別指導では成績が上がらないと思う
  • 自宅では勉強しないので自習室が必要
  • 大手予備校の受講料が高いと思う
  • 国公立・難関私立大を志望している
  • 学校の定期テスト対策には慣れている
  • 授業しない塾がどんな塾か興味がある