ページトップ
?>

ブログ

2020.5.15 オンライン自習室

友達と繋がろう!仲間意識の大切さ【第6回 オンライン懇談会】

5/15(金)はオンライン懇談会の6回目(オンライン自習室は33日目)でした。テーマは「友達と繋がろう!仲間意識の大切さ」で、成瀬先生が登壇しました。前半は、前回のブログで紹介した通り、学院長が「人と繋がる通信技術の歴史」について紹介しました。

仲間意識の大切さ

人間は、社会的な動物なので、人との繋がりを大切にして、それにより安心しようとします。人との繋がりは、同性との間では友情になり、異性との間では恋愛になります。これに夢が付け加えられると、高校生の「青春」が出来上がります。

 

私には中学時代に親友がいませんでした。人を信じることができなかったのです。私は姉を信用していましたが、友達までは信用できなかったのです。皆さんは高校生ですが、高校生でも親友がいない人が多いのではないでしょうか。そこまで深く密接なかかわりを持つ機会がないからでしょう。

 

そんな私に親友ができたのは、高校生の頃でした。私は部活でバスケットボールをしていましたが、下手だったのでずっと補欠でした。ある日、西田と言う転校生がやってきて、バスケ部のスター選手になっていきました。後から入ってきたにも関わらず、彼は常にレギュラーでした。私もたまに試合に出ることがあったのですが、彼は必ずタイミングの良い所で私にパスをくれました。「お、なんかコイツいい奴だな」と思ったものです。

 

高校3年の春に、西田が部活を辞めたいと言い始めました。それに合わせて、私も部活を辞めました。辞めた後は一緒に朝にスポーツで汗を流すようになり、だんだんと西田のことが好きになっていきました。こいつのためなら、足が折れてもいいと思うくらいでした。

 

忘れもしない、11月13日の金曜日、体育でサッカーをしている時に、雪でぬかるんだ中、スライディングをされ、脛骨複雑骨折をしました。入院中、西田は毎日のように朝食を用意して、看病してくれました。

 

西田と親友になって以来、私は人に惚れやすくなりました。人を好きになるようになって、その性格のおかげで、こうして岐阜でNo.1の塾の経営者になることができました。西田は姉と結婚し、一緒に私と志門塾を開くことになります。

 

高校生と成瀬先生のやり取り

生徒:どこまで信じられたら親友なのですか?

自分の基準で考えたらよいのです。一つヒントにするなら、どの程度、相手のために自分を犠牲にしてやれるかです。私の話ばかりでなく、皆さんの話も聞きましょう。皆さんは、友達を作るために、どのようなことを考えていますか?

 

生徒:初対面の人に積極的に話しかけるようにしています。

 

すばらしいですね。私もそういうことができていたら、違う人生になっていたかもしれません。他の方はどうですか?

 

生徒:相手の好きなものを聞いて、それについて話します。

 

友人を大切にしている姿勢が素晴らしい。受験勉強の弊害にかからず、幸せの延長線上に成功があると信じ、仲間を大切にしてくださいね。

 

 

成瀬名誉学院長のオンライン懇談会のお知らせ

 

いかがでしたか?成瀬名誉学院長の話に、生徒の皆さんは真剣に耳を傾け、積極的に質問もしてくれ、とても有意義な懇談会になりました。オンライン懇談会は、休校期間中は毎週金曜日の11:00~11:30に行います。

 

なぜ授業をしないのに、志望校に合格できるの?それは、あなたにピッタリな参考書を専属プランナーが提案してくれるから。最適な参考書×反復学習の追求で志望校への最短ルートを作ります。

入塾をご希望の方へ

以下に2つ以上当てはまる方は
今すぐお問合せください!
  • 阪急「茨木市」駅近くへ通塾可能
  • 集団指導塾は自分に合わないと思う
  • 個別指導では成績が上がらないと思う
  • 自宅では勉強しないので自習室が必要
  • 大手予備校の受講料が高いと思う
  • 国公立・難関私立大を志望している
  • 学校の定期テスト対策には慣れている
  • 授業しない塾がどんな塾か興味がある