ページトップ
?>

ブログ

2020.4.23 オンライン指導

単語テストは毎日でも出せます!テスト自動作成システム【塾の裏側をご紹介】

今日は英単語・古文単語のテストを当塾で出題する際の「塾の裏側」をご紹介します。Seras学院の非常勤講師・兼プログラマーである太田先生に依頼し、単語の出題範囲を数字で指定すれば自動でランダムに単語テストを出題する仕組みを作ってもらっています。そのため、当塾では単語テストを作るのに、そこまで手間はかかりません。遠慮なく、毎日何度でもテストを受けてくださいね!

 

まずは、問題文を入力。ここは手作業

問題文の入力は手作業なので、割と時間がかかります。ここも自動化したいけど、まだできませんね・・・・。一度作ってしまえば、何度も使えるので、最初だけは根性でひたすら入力です。

 

ここでマクロ(テスト作成の自動化)の登場!

出題したい単語番号の数字をSTART、STOP欄に入力して、あとはテスト作成ボタンを押すだけ!そうすると、マクロが動いて、出題範囲内でランダムに30問の問題を抽出して出力してくれます。 出力方法は、印刷かPDFファイル作成かを選ぶことができます。3月までは印刷機能だけ搭載してましたが、オンライン指導がメインになり、紙の印刷が不要になり送信用PDFファイルだけ欲しくなったので、この機能も搭載しています。

 

問題用紙は以下の画像のようになります。

過去に間違えた単語も記録して再テストを出題

過去に間違えた単語は、番号を記録しており、再テストを出題することができます。

 

 

いかがでしたか?こういうテスト作成業務は、「塵も積もれば山となる」わけで、効率化を図らないと講師側の負担が大きくなるものです。Seras学院では、専属プログラマーである太田先生がこういう作業を効率化させてくれるので、とても助かっています。ありがとう!太田先生!

なぜ授業をしないのに、志望校に合格できるの?それは、あなたにピッタリな参考書を専属プランナーが提案してくれるから。最適な参考書×反復学習の追求で志望校への最短ルートを作ります。

入塾をご希望の方へ

以下に2つ以上当てはまる方は
今すぐお問合せください!
  • 阪急「茨木市」駅近くへ通塾可能
  • 集団指導塾は自分に合わないと思う
  • 個別指導では成績が上がらないと思う
  • 自宅では勉強しないので自習室が必要
  • 大手予備校の受講料が高いと思う
  • 国公立・難関私立大を志望している
  • 学校の定期テスト対策には慣れている
  • 授業しない塾がどんな塾か興味がある