ページトップ
?>

ブログ

2020.3.24 面談指導の現場から

大学のパンフレットを「すぐに」入手する裏技

2020年春の大学受験も、結果がひと通り出て、塾では次年度の受験に向けて動き始めています。

当塾は、勉強方法や学習プランの提案に加えて、進路指導もしっかりやるのが特色です。

進路相談で大切なのは、とにもかくにも「大学の情報」ですよね。そして、一番説得力があるのは「パンフレット」。

通常、大学のホームページやポータルサイトから資料請求をすると、「6月以降に発送します」となるパターンが多いのです。
ご存知でしたか? もっと早く大学のパンフレットだけを入手する方法をご案内します。

裏技ではありますが、直接大学の入試課を訪問して、「昨年度のパンフレットをください」と伝えるだけ!
昨年分のパンフレットが余っている限りは、入試担当の職員さんは快諾してくれるでしょう。その代わりですが、もちろん1年古い情報のパンフレットです。入試要項などは、また別の機会に入手しなければなりません。

さらに工夫するなら、「経済学部のパンフレットもありますか?」等と、自分の志望学部のパンフレットの有無についても問合わせましょう。たとえば、大阪市立大学でしたら学部別にパンフレットの用意があります。是非とも確認しましょう!

そんなこんなで、学院長の私も、デザイン系の進路に興味を示している生徒のため、京都造形芸術大学へ訪問してきました。3月中はコロナ対策で入構禁止というハプニングもありましたが、アドミッション・オフィスへ電話を入れて、大学の門の前まで来てもらい資料を無事に受け取りました。

進路指導は足で稼ぐ・・・これが、Seras学院の方針です(笑)

なぜ授業をしないのに、志望校に合格できるの?それは、あなたにピッタリな参考書を専属プランナーが提案してくれるから。最適な参考書×反復学習の追求で志望校への最短ルートを作ります。

入塾をご希望の方へ

以下に2つ以上当てはまる方は
今すぐお問合せください!
  • 阪急「茨木市」駅近くへ通塾可能
  • 集団指導塾は自分に合わないと思う
  • 個別指導では成績が上がらないと思う
  • 自宅では勉強しないので自習室が必要
  • 大手予備校の受講料が高いと思う
  • 国公立・難関私立大を志望している
  • 学校の定期テスト対策には慣れている
  • 授業しない塾がどんな塾か興味がある