ページトップ
?>

ブログ

2020.12.14 学院長日記

【学院長日記】今年の漢字は? / 定員に達したため生徒募集を休止します

2020年の今年の漢字は「密」でしたね。コロナ関連ワードとして、「禍」「病」「家」もランクインする等、今年はコロナの年でしたね。Seras学院の今年の漢字は「変」です。毎月のように塾の様子が変化し、指導内容も変化していきました。忙しかったので「忙」や、入塾は友人紹介が多かったので「縁」という字も思い浮かびましたが、来年の方が忙しくなって欲しいし、友人紹介も来年以降も続いて欲しいという願いを込めて、この2つは温存しました。

 

 

1~3月は受験生の合否に一喜一憂し、出願先の見直しに奔走していました。4~5月の学校一斉休校期間中は、オンライン自習室・オンライン懇談会というのをやっていました。6月から学校が再開し、塾の指導スタイルも迷いながら通塾型に戻しました。8月~10月に生徒数が急増し、一人で運営するスタイルから、非常勤講師に仕事を振ってチームで運営するスタイルへ変わりました。

 

 

生徒数の推移としては、受験生が巣立った4月は在籍生が5人でした。、9月に11人、12月に18人と推移しています。加えて、現時点で4名が無料体験中(予約中も含む)です。本来の定員は30名までですが、コロナの感染予防のために座席を固定しているため、当面は定員22名です。現時点で定員に達したため、しばらく生徒募集をお休みすることにしました。

 

 

今年の漢字の話題に戻りますが、来年中にコロナの問題は解消して、2021年は東京オリンピック開催で「輪」「金」が今年の漢字になってくれるのを祈るばかりです。来年度は受験生をたくさん抱えることになりますので、オリンピックを観る余裕はないと思いますが・・・。

なぜ授業をしないのに、志望校に合格できるの?それは、あなたにピッタリな参考書を専属プランナーが提案してくれるから。最適な参考書×反復学習の追求で志望校への最短ルートを作ります。

入塾をご希望の方へ

以下に2つ以上当てはまる方は
今すぐお問合せください!
  • 阪急「茨木市」駅近くへ通塾可能
  • 集団指導塾は自分に合わないと思う
  • 個別指導では成績が上がらないと思う
  • 自宅では勉強しないので自習室が必要
  • 大手予備校の受講料が高いと思う
  • 国公立・難関私立大を志望している
  • 学校の定期テスト対策には慣れている
  • 授業しない塾がどんな塾か興味がある