ページトップ
?>

ブログ

2021.11.20 塾のサービス内容

受験直前期(12~3月)の指導法を学習進捗型から弱点分析型へ変更します

Seras学院の指導の基本は、「〇〇の参考書を〇~〇問(ページ)やりましょう」といった具体的な学習範囲の提案です。この指導法が、受験直前期には合わなくなることが多いです。受験直前期は、参考書による基礎定着が完了しており、過去問演習が中心となるからです。過去問演習で大切なのは、弱点分析です。弱点分析をしっかりやって、発見した弱点を克服するために今までやってきた基礎系の参考書/問題集に戻る。その繰り返しで合格を勝ち取っていきます。

 

そのため、受験直前期(12~3月)の受験生に対しては、今までの学習進捗管理型指導から弱点分析型指導へシフトしていきます。シフトするタイミングは、各受験生の基礎定着の進み具合に合わせて、相談の上で決定します。弱点分析型指導の受講方法を具体的に以下で説明します。

 

1週間の振り返りシートで弱点分析

過去問演習や基礎復習をしながら、弱点分析を行いましょう。また、「できないこと」ばかりに目を向けるのではなく、「できるようになったこと(自身の成長)」にも目を向けて、前向きな気持ちで受験に臨んでもらいます。

 

 

過去問演習の記録

過去問演習をしながら、得点率(点数)を記録します。前回の面談で報告した得点率がデータ入力された状態で返却されるため、前週の自分の結果と今週の結果を比較できます。

過去問演習のケアレスミス防止策

人は意外と同じミスを繰り返します。自分がやってしまいがちなケアレスミスを言葉にして明確に意識して、その防止方法も考えましょう。入試は合否ラインの前後に大勢の受験生が分布します。つまり、1問のミスを防ぐことがとても重要なのです。

 

 

入試日程の情報共有

私立大学の場合は直前に受験日程が追加・変更になることがあります。タイムリーに受験日程を把握するために、定期的に情報共有をしてもらいます。生徒の皆さんには手書きで情報を書き加えてもらい、その内容を受け取ったら、塾側でデータ入力し、印刷して返却します。

ヒアリングシートに記入

面談を行う日には、通塾時に自学自習で記録してきたプランニングシートを提出いただきます。

過去問特訓で弱点分析と適切な解き方の指導

事前に決めていた、特定の大学・科目・年度の過去問を使って、面談の中で生徒と講師が一緒に弱点分析を行います。解けない理由が自分では明確に自覚できない場合でも、講師の目を入れれば明らかになることがあります。例えば、単語・熟語の知識が足りなかったと本人は反省していても、実は英文解釈や語義推測・文脈把握の力の不足が原因だと判明することがあります。
弱点分析をしながら、解き方の指導もします。時間配分の相談、知らない知識に対する対処方法など、自分の力を最大限に発揮する方法を講師がレクチャーします。

 

弱点分析とヒアリングシートに沿って、受験相談

勉強法や受験への臨み方、1日の過ごし方、出願先などの相談をします。

次の1週間の計画を決定

面談日程をいつも通りに決定し、次の一週間の目標を大まかに決めます。今までは「〇~〇ページ」と具体的に範囲を指示していましたが、受験直前期は自分の判断で柔軟に色んな範囲の復習に取り組んでみてください。面談の中で具体的にやるべきことを決めることもできます。塾の対応として、テスト作成や添削、個別特訓の内容もこのタイミングで決めていきます。

 

なぜ授業をしないのに、志望校に合格できるの?それは、あなたにピッタリな参考書を専属プランナーが提案してくれるから。最適な参考書×反復学習の追求で志望校への最短ルートを作ります。

入塾をご希望の方へ

以下に2つ以上当てはまる方は
今すぐお問合せください!
  • 阪急「茨木市」駅近くへ通塾可能
  • 集団指導塾は自分に合わないと思う
  • 個別指導では成績が上がらないと思う
  • 自宅では勉強しないので自習室が必要
  • 大手予備校の受講料が高いと思う
  • 国公立・難関私立大を志望している
  • 学校の定期テスト対策には慣れている
  • 授業しない塾がどんな塾か興味がある